10年目を迎えた高松市一宮町のフリースペースです。/主宰:木村恵美
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

絵本づくりで 自分のための ゆったりタイムを
2017年10月11日 (水) | 編集 |
space・M 10周年の今年。
大々的な宣伝はしていませんが、
いくつもの素敵な企画が実現しました。



その中のひとつは、9月に開催した
「こども表現クラブ笑M」&「えほんとKIDS」合同保護者会。

どちらも子どもたちの表現力スキルアップの講座ですが、
「どんなことしてるの?」と尋ねられるたび
あまりにもいろんなことをしているために、
いつも説明に困るのです。

そこで、じっくり時間を取って、保護者会を開きました。



ご参加くださったのは、
「笑M」と「えKIDS」の保護者の皆さん
そして、笑MOB・OGの保護者のみなさん……!

幼稚園児から中学・高校生のお子さんまで
幅広い世代のママさんたちが集まりました。



いくつになっても 子どもは 子ども。
悩みや楽しみの内容は変化して行きますが、
子育てはなかなか終わらない。
そんな「真っ最中」の女性たちが
ケイコのワークショップでゆっくり自分と向き合えば……

そうです。

これはもちろん、
いつもの「笑M」の時間に子どもたちに対して
ふんだんに行われているワークの一端です。

IMG_1193_convert_20171011113217.jpg

小さなテーマと ヒントを与えられたら、
あとは、自由。
自由に落書きをしてみる。



やってみるとわかるんですね。
自由には、
ちょっと練習がいるんですね。

うまい・へた ではなく、
大切なのは、自由に描けるか どうか。



でもでも!
そこはさすが、「笑M」と「えKIDS」のママ!

ケイコはちょっと驚いたそうです。
みなさんが意外と早く
紙に向かってクレヨンを滑らせ始めたから。

そしてシェアする、様々な思い。
子どものこと、自分のこと、親として、娘として……



帰るときにはみなさん
「時間が足りな〜い」「もっと話したい!」
「またこんな会を持ってください」
など、うれしいご意見・ご感想をいただきました。

そのあと、数人で囲んだサンドイッチパーティーは、
さらに濃密な話で充実した時間となりました。

次回も、ぜひ! ぜひぜひ〜♪



そして、保護者じゃなくてもこれから参加できる
自分のための ゆったりタイムを一つ、ご紹介します。



*まずは大人が遊ぶ絵本の時間 え ほん と *

日時: 毎月第4水曜日 10:00〜12:00
会場: space・M(高松市一宮町388-1)
参加費: 1回1,000円
託児料: お子様一人につき500円(2人め以降300円)要予約
ブログ: え ほん と http://ehonto4.blog.fc2.com/

〈活動内容〉
毎月テーマに合わせて各自のお気に入り絵本や思い出の品、
日用品などを持ち寄り、紹介し合います。
テーマにちなんだワークショップでちょっと体を動かしたり、
のどが渇いたら何度でもティータイム(笑)
お子様を預けて、大人だけで楽しむゆったりタイムです。


10月からの え ほん と では、オリジナル絵本づくりもスタートします。
テーマは「命」。
命を感じる絵本、記念の品、写真や音楽(CDなど)もOK。
何かひとつご持参ください。
たくさんの命のメッセージに囲まれたら、
きっとあなたの心の中で、何かが動き始めます。

それを自由に
絵や言葉にしてみましょう。

「絵が下手だから」とか「文章は苦手」とか思う方ほど
安心してご参加いただけるよう企画しています。
自由な発想を助けるワークショップなら

……私たちに おまかせくださいっ……♪


IMG_1200_convert_20170920175610.jpg


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。