10年目を迎えた高松市一宮町のフリースペースです。/主宰:木村恵美
いよいよ明日!DigiCon6特別番組 放送です!
2017年03月10日 (金) | 編集 |
愚息 木村一成が Silver をいただいた映像コンテスト DigiCon6Japan。

18th DigiCon6 JAPAN ← こちらから受賞作品も見られます♪

10月に東京で行われた表彰式ではたくさんの出会いがあり、
鋭い指摘や暖かい励ましの言葉をいただきました。
15歳にとっては大変刺激的で、充実した時間を過ごしたようです。

これも、ご参加・ご協力下さった皆様のお陰です。
本当にありがとうございました!

今回の特別番組は、JAPAN 枠で受賞した優秀作品が
ASIA へと範囲を広げ、国際的コンテストに進出した結果と
その受賞者をレポートしたものです。

一成が出品したのは、18歳以下の JAPAN Youth 枠です。
タイトル通り、この分野は国内限定なので、
本来なら ASIA の番組にはご縁がないはずなのですが、
なぜか取材してくださいました。
オマケだとは思いますが、ありがたいことです。


DigiCon6 ASIA特集
『夢舞台 Dream Come True』
放送: 2017年3月11日(土)
    BS-TBSにて 23:00より




ぜひご覧ください!

また、木村一成の受賞作品『放射能怪獣 BUG』(15分)はこちらです!
中学に上がる直前の春休みなんで、顔が幼い〜。



DigiCon6の特別番組
2017年03月02日 (木) | 編集 |
TBS主催の映像コンテスト18th DigiCon6に応募した
木村一成監督作品『放射能怪獣BUG』が
昨年10月の授賞式で、Silver(銀賞)をいただきました。

このたび、そのDigiCon6 ASIAの受賞者たちを取材した
特別番組が、BS-TBSで放送されます。


DigiCon6 ASIA特集
『夢舞台 Dream Come True』
放送: 2017年3月11日(土)
    BS-TBSにて 23:00より




ぜひご覧ください。
2016年02月20日 (土) | 編集 |
マモルマンDVD表紙 お久しぶりです!!!
一成です。
長い間更新せず、すいませんでした。

本日、さぬき映画祭のイベントにゲストとして参加させていただきました。
ご来場いただいた皆様、ありがとうございました。
質問もたくさんしていただき、とてもうれしかったです。

コマ撮りアニメを作っている高校生監督の水越さんとも
お会いさせていただき、とても良い経験になりました。


僕は今、中学生になってから上手く時間が作れず、
映画製作はできていません。
しかし、所属している演劇部で、僕の台本で公演をさせてもらったり、
バンドで校内でライブをやったり、
中学校生活を満喫しています。


映画祭に行くと、
「あ〜、やっぱり映画を作りたい!」と思ってしまいます。
なので、小さくても、少しずつでも何か作りたいなと思っています。


今日はこの後、交流会に少し顔を出す予定で〜す。


それでは、アディオウス!!!!
2015さぬき映画祭 2月21日交流会にて
2015年02月22日 (日) | 編集 |
マモルマンDVD表紙

お久しぶりです!一成です。
皆様、長い間ブログ更新がストップしてしまい、
申し訳ございませんでした。
今は部活と勉強の方をがんばっています。
少しでも早く映画製作を再開させたいです。

先日2月21日(土)にさぬき映画祭の交流会に参加してきました。
一年ぶりに会ったので、色んな方から
「背が伸びたね〜」
「コンタクトにしたんだ〜」
「雰囲気が変わったね〜」
など言われました。
うれしかったです。

交流会内にて、あの大林宣彦監督とお話しをさせていただきました!
大事なことなのでもう一度言います。
あの大林宣彦監督とお話しをさせていただきました!
大林監督と言えば、「時をかける少女」や
「青春デンデケデケデケ」などの多くの偉大なる作品を
作り上げていた偉大なる監督です。
そんな巨匠とお話しをさせていただけるなんて!
とても充実した時間を過ごすことが出来ました。

大林宣彦監督と!
大林監督



そしてまた本広監督ともお話しさせていただきました。

本広克行監督と!
本広監督


そして木村監督とも!

木村好克監督と!(ブレてます、すみません)
木村監督


今回もとても楽しかったです。
いろいろな方とお話しをさせていただいて、
また世界が広がった気がします。
と言いつつも今回の映画祭内の映画を一つも見られてないんです!!
スケジュールが全然会わなくて!
もう今日で映画祭も終わりです。
悔しい!来年こそは!きっと!

先ほど勉強の部活と言いましたが、
僕は今演劇部にいて、
そこで舞台劇の台本を書いてみたりしています。
そのことを本広監督に話すと、
大変喜んでいただけました。

早く映画製作を再開させます!

それでは、アディオゥス!(←久しぶりに言った!)
「KIMURAYA作品イッキ見」上映会のお知らせ
2014年02月23日 (日) | 編集 |
2月16日のさぬき映画祭関連会場で、一成から直接名刺を受け取った皆さん!
イッキ見の日程が変更になりました大変申し訳ありません!


木村一成監督作品4本を、下記の日程でイッキ上映します。
どなたでもご来場いただけますが、だいたいの人数を把握
させていただきたいので、space・Mのメールアドレスに
お申込いただくか、前日までにお電話を下さい。



〜KIMURAYA作品イッキ見上映会〜

日:2014年4月29日(火・)

時:13:00~16:00 (開場12:30)

所:space・M(高松市一宮町388-1)

入場:無料!


上映予定作品:「マナカマン」(15分)
       「マモルマン」(35分)
       「IST」(70分)
       「BUG」(20分)


お申込み:E-mail…freespacem@yahoo.co.jp

     TEL…090-9773-9476(木村)
            09:00〜21:00

木村一成関連記事
2014年02月22日 (土) | 編集 |
2月16日(日)のイベントに参加したことを、
あちこちに取り上げていただきました。
恐縮です。


さぬき映画祭新聞
http://www.sanukieigasai.com/info/index.html?pScinfo24


藤澤恵麻さんのオフィシャルブログ
http://ameblo.jp/fujisawa-ema/entry-11774384613.html
BUG日記  8
2014年02月18日 (火) | 編集 |
マモルマンDVD表紙 一成です。

2月16日にサンポートのe-とぴあ・かがわで、僕の最新作「BUG」を上映していただき、
その後、色々な監督さんやプロデューサーの方々とお話しをさせていただきました。
でも緊張のあまり声が出なくて、観客の皆さんには聞こえづらかったかとおもいます。
すいませんでした。

色々な監督さん方に感想をもらい、感謝感激と同時に、また撮りたいなと思いました。


楽屋では、皆さんが優しく接してくれて、とても楽しかったです。

会場で監督さん方のお話しを聞いていて、「さっきの木村君みたいに……」と
時々僕の話を入れていただいてとても嬉しかったのですが、
言われるたびにビクッとなっていました。


そうそう、
翌日、2月17日(月)の朝日新聞香川版(p.33)に映画カンファレンスの記事があり、
僕のことも載せていただきましたが、文中で、
「怪獣を包む霧のような映像の特殊効果は制作会社が作った。」
とありました。
でも、それはぜんぜん違っていて、
スタジオはっちさんに制作していただいたのは携帯電話の画面と隕石だけで、

霧のようなモヤモヤは僕が作ったということを
訂正していただきたいです。


それから、「音楽制作は父親に依頼した。」とありましたが、
それは「マナカマン」「マモルマン」「IST」の3作までで、

今回の「BUG」の劇中曲は、
すべて僕が作曲・演奏しました。


あ、エンディングの「気球にのってどこまでも」はもちろん違いますが……。


最後になりましたが、会場に来ていただいた皆様、撮影に協力していただいた皆様、
本当にありがとうございました。おかげでとても良い作品が完成しました。
これからもちょこちょこ作って行きたいので、応援よろしくお願いします!


朝日新聞の記事↓
朝日新聞の記事

それでは、アディオゥス!
映画カンファレンス「映画ってどうやって作るの?」
2014年02月18日 (火) | 編集 |
2月16日(日)にe-とぴあ・かがわ出行われた、さぬき映画祭イベント・映画カンファレンス「映画ってどうやって作るの?」にて、『BUG』を上演していただきました。どうもありがとうございました!

上映が終わり、本広監督に呼ばれて壇上へ。
本広監督と

いきなり「一成君、社会派になってるじゃないか!」と驚きの声。
本広監督


それからまず君塚良一さんからご感想をいただいたのですが、ビデオと両方を操作していた父が、写真を撮りそこないました〜。すみません

君塚さんはまず「おもしろかった!」と言ってくださったあとで、「こういう作品を木村君が作ったのは、あの原発事故の時に、高松に住んでる中学一年生の少年が不安になったり、それに振り回される大人達の滑稽さを見ていたからなんだなと思うと、心が痛みますよね」と真面目な表情に。
そこで本広監督が「むかし見た『ウルトラQ』の感じに似てる」と言う指摘をしてくださり、最初からねらっていたことだったのでとてもうれしかったです!


佐々部清監督からは、「主演の子どもたちの演技が自然でいい。あの3人組を見ているだけで楽しい!」との感想をいただきました。
2014さぬき映画祭2

また「このテーマ(放射能)を選んだこと自体にびっくり」とも。
佐々部監督


巨匠、中島貞夫監督からもお言葉を……!き、緊張
KIMURAYAは家族がスタッフとしていろいろ参加しているという話になり、日本映画の父、牧野省三さん一家のおもしろいお話しなどもしてくださいました。
2014さぬき映画祭3
中島監督は、昨年「マモルマン」も見て下さっているので、「来年また期待してるわ」と言われ、汗!汗!


深作健太監督にも励ましていただきました。
2014さぬき映画祭4

「マナカマン、マモルマンときて、今回の作品にはヒーローを出さない、戦わないっていうのは何か理由があったんですか?」と聞かれたので、「こういう問題には、人間がちゃんと戦わないといけないと思った」と説明すると、「すごいな〜」と言ってくださいました。
深作監督
また、プロの監督さん達が原発の問題などを映画で取り上げようとすると、いろいろと難しい問題や差し障りがあるという話になり、本広監督も他の皆さんも、大変共感していらっしゃいました。

すばらしい監督さん達が集まって、深い話やおもしろい話を次々としてくださる貴重な時間の中に、「BUG」を全編上映していただけたこと、また貴重なご意見やご感想を直接いただけたこと、本当にうれしかったです。ありがとうございました!


「BUG」の上演時刻
2014年02月15日 (土) | 編集 |
明日のさぬき映画祭イベント、映画カンファレンス「映画ってどうやって作るの?」内で、木村一成監督映画第4弾「BUG」が上映されますが、だいたいの時刻がわかりましたのでお知らせします。

「BUG」の上映は、イベントが始まってから
  1時間くらいのところ、とのことです。


ただし、お電話によるとイベントのスタートが12:30になったよう
で、そうなると
     上映時刻は13:30前後?
                    ということになります。

当日は何かと予定通りに進まないこともあると思うので、多少前後
するかもしれません。ぜひイベント開始時刻にご来場ください!

BUG日記  7
2014年02月12日 (水) | 編集 |
 いきなりのご報告ですが、

新作映画『BUG』が完成しました!

 そしてなんとなんと、

さぬき映画祭のイベントで上映です!



◎映画カンファレンス
 「映画ってどうやって作るの?」

日時:2月16日(日)12:00〜15:30

会場:情報通信交流館e-とぴあ・かがわ
  (サンポート高松タワー棟4F)

入場:無料

内容:ベテラン、若手映画監督が一同に会し、映画
  をどうやって作っているのかを本音トーク。
  これから映画、映像制作を目指す人の刺激にな
  るイベント。(パンフレットより)




この3時間半のイベントの、どの辺りで取り上げていただけるのかはまだわかりませんが、『BUG』全編(約20分)を上映していただけるようです。詳細が決まりましたら、ここにお知らせいたします。
BUG日記  6
2013年03月30日 (土) | 編集 |
マモルマンDVD表紙 一成です。

24日に2日目の撮影をしました。
ハカセ君、マッチョ君は、昨日の撮影からぼくの家に泊まっていて、
この日は早朝から撮影を行いました。


ぼくのおばあちゃん家(ぼくの家の隣)で撮影を始めたのですが、
表札が見えてしまうので、ハカセ君の名字の「御茶水」とプリントした紙を、
表札の上にはって撮影しました。
IMG_0834_convert_20130328154108.jpg


その後8時半ごろから、
伏石中央公園に行って、約40名のエキストラの方と撮影を行いました。
IMG_0864_convert_20130328154210.jpg


IMG_0848_convert_20130328154138.jpg



IMG_0870_convert_20130328154242.jpg





IMG_0877_convert_20130328154307.jpg
この写真は撮影終了後、
3人の記念写真として撮ったもの(正式には勝手に撮られたもの)です。
パフォーマンスっぽい写真ですね(笑)

今回の作品にエキストラとして出ていただいた皆様ありがとうございました。
DVDができたら絶対に送ります。
そして今回も、色々器材を貸してくれた「スタジオはっち」さん、
本当にありがとうございました。

ぼくが今まで作ってきた作品で、
こんなに多くの人に出ていただいた作品はありません。
撮影がちょー楽しかったです。
それでは、アディオゥス!
BUG日記  5
2013年03月28日 (木) | 編集 |
マモルマンDVD表紙 一成です。

23日に、「BUG」の撮影を行いました。
今回この写真を撮ってくれたのは、ぼくの妹のマナカです。


まず、1時ごろにハカセとマッチョがぼくの家に来て、
台本の打ち合わせと、現場に行ってリハーサルをしました。
IMG_0782_convert_20130328153917.jpg


一旦もどって、午後6時頃再び出動。
まず創研学院さんに行って、
マモル、ハカセ、マッチョが登場する所を撮りました。
IMG_0807_convert_20130328154013.jpg
自販機前の撮影で、1〜2回お茶を買う場面を撮影をして、
OKが出た後に自販機の明かりがついたのでもう一回撮影して、
お茶が5〜6本になり、約1000円使いました。


その後、夜7時半頃から伏石中央公園に行き、
この日最後の撮影をしました。
IMG_0826_convert_20130328154039.jpg
暗くて何も分かりませんね(笑)

結局撮影は夜8時半すぎまでかかり、むちゃくちゃ寒かったです。


申し遅れましたが、
撮影のためにレフ版やカメラなどを用意してくださった「スタジオはっち」さん、
本当にありがとうございました。


ラフつなぎで見てみたのですが、
我ながら面白い作品だと思います。
出来上がったらお知らせします。
それでは、アディオゥス!

エキストラ締切りました!
2013年03月22日 (金) | 編集 |
映画「BUG」のエキストラ募集は、めでたく予定人数に達したため締切りました。
どうもありがとうございました!
「BUG」エキストラ募集!
2013年03月20日 (水) | 編集 |
木村一成監督新作映画「BUG」のエキストラ撮影を次の通り行います。参加ご希望の方は3月20日(水)までにお申し込み下さい。


◎撮影の詳細

日: 3月24日(日)

時: 9時30分~11時

所: 高松市伏石中央公園

      ※駐車場が狭いので、お車はなるべく乗り合わせてお越し下さい。

条件: 18〜70歳の男女20名ほど募集。
   小雨決行。
   撮影予備日3月31日(日)。
   ギャラはありませんが終了後にパンと飲み物をお配りします。

設定: 3月のある日曜日の早朝、散歩やボランティア活動でたまたま
   公園を通りかかった人たち。

お申込み: 20日(水)までに、
    ・お名前
    ・年齢
    ・性別
    ・ご住所
    ・メールアドレスもしくはお電話(連絡の取りやすい番号)
     をお知らせください。
    ・ご参加のお申し込みをいただいた後は、こちらから直接
     詳細をご連絡します。
    ・定員になり次第、締切らせていただきます。

申込先: E-mail freespacem@yahoo.co.jp
    FAX 087-870-4632



BUG日記  4
2013年02月23日 (土) | 編集 |
マモルマンDVD表紙 一成です。

今日は、2回めのロケハンに行ってきました。
街中のシーンで使えそうな場所を偵察してきました。
瓦町周辺

街中のシーンは、ソレイユの前のパラソルがあるところです。
このパラソルがいつも閉じているので、
いつ開くのか知りたいです。
あ、そうそう、ソレイユの4階、再オープンおめでとうございます!
2007年に「ウルトラマンメビウス&ウルトラ兄弟」の映画をあそこで見ました。
いつの間にか閉まっていて、再オープンのはり紙をみてびっくりしました。
ソレイユ前

それと、この前のさぬき映画祭の関係者だけの打ち上げがあった、
「いろは市場」の横をたまたま通ったので、
中に入ってみると、打ち上げをした所は、
香川県の観光案内センターになっていました。
いろは市場

今日のロケハンは、この前のロケハンとはちがって、
琴電で行きました。
一宮駅

また良い所がみつかってよかったです。
それでは、アディオゥス!